伸縮性ありすぎ素材は要注意

手足が細いのに、おなかだけがぽっこりというお悩みを抱えている女性は多いですよね。特に食後は胃が膨らんでおなかが目立つこともあります。そうしたシーンごとに、ベルトをゆるめたり、生地を伸ばして悪あがきするのは切ない…。せっかくなら、いつでもおなかがすっきり見せるファッションをチェックしましょう。おなかカバーの代表格としてあげられるのがチュニック。ですが、チュニックはどうしても「おばさん」な印象になりがち。たしかにカバーはできますが、ちょっと老けて見えてしまいます。そこで丈と広がりに注目してみましょう。ワンピースならば定番のAラインや最近トレンドのマキシ丈が間違いなし。また、トップスとスカートの境目の部分に切り替えが入ったタイプも人気。スカート部分がプリーツになっているものもあり、おなかカバーには抜群です。さらに、ストンとしたIラインは縦型シルエットで着やせ効果大ですが、この場合は素材に気を付けて。これはトップスも同じことが言えますが、伸縮性がある素材を選べば確かに着やすいしラクちんですが、ありすぎる素材は体のラインにぴったりフィットして余計におなか周りを強調することがあります。たとえばニットをイメージするとわかりやすいかも…。そこで伸縮性はそれほどなくても、麻やコットンといったナチュラル素材の少しゆったりしたアイテムをセレクトしましょう。おなかカバーに役立ちます。またパンツ選びの場合は、トップスの素材や丈感に合わせて、上がゆったり目なら下は細みの引き締まるカラーのものを選びましょう。着やせの基本中の基本です。なかでもウエストにゴムが入ったテーパードやアンクル丈パンツなら、座った時もシルエットはもちろん、おなかがしまることがないので◎流行中のレギンスは、シーズン関係なくおなかカバーには重宝するので、ぜひ季節に合わせた素材で2、3着は持っておきましょう。

夏の二の腕カバーファッション

袖が短くなる夏は肉付きのいい二の腕をなんとか細く見せたいものです。二の腕をほっそり見せるにはトップス選びがとても大切です。今回は二の腕をすっきり細見えさせてくれるおすすめトップスをご紹介します。まずは袖口がふんわり広がったフリルスリーブです。ここ最近流行りの形なので色々なお店で見かけます。ふんわり広がったボリュームある袖口が二の腕を細く華奢に見せてくれます。袖の丈は二の腕が半分くらい隠れる長さの物だとよりカバーできておすすめです。もう一つはパフスリーブで、こちらもふんわりと二の腕周りを覆ってくれます。こちらも袖丈が短すぎると逆に二の腕の太さを強調してしまうので注意しましょう。最近は肘近くまである丈の長いパフスリーブもあり、そちらは二の腕全体をカバーしてくれて細見え効果が高いです。最後はドルマンスリーブです。ドルマンスリーブは二の腕のあたりは幅が広く、袖の裾に行くに従ってキュッと細くなっているため二の腕の細見え効果抜群のアイテムです。Tシャツはもちろん、ドルマンスリーブのカーディガンなら中にノースリーブを着ても羽織るだけでカバーしてくれるため暑い夏も大丈夫です。このように、二の腕カバーには太い部分はかくして細い部分を見せると言ったメリハリが大切です。二の腕カバー効果抜群のトップスがあれば夏の露出ももう怖くありません。

30代の女性のお洒落着コーデ

30代になると、20代の頃とは違った体形に悩む女性が多いですよね。
つい体形をカバーする服を選んでしまいがちで、いつしかお洒落を心から楽しめなくなっていたという自分に気付くこともあるかもしれません。
いつでも乙女心は持っていたいもの。
出来れば女性らしく着こなしたいですよね。
そんな方にお勧めのコーデがこちらです。
まず、今季も流行りのチュールスカートがお勧めです。
チュールスカートと言うと、少し幼く見えるのでは?と思う方も多いかもしれませんが、最近のチュールスカートは、くるぶし丈の長さが多くカラーも落ち着いた色味が特徴的で30代の女性にも大人気なんです。
その中でも是非カーキを選んでみて下さい。
カーキは普段の緑よりも少し落ち着いた色身なので、大人の雰囲気を漂わせてくれます。トップスも色々な種類の服と組み合わせしやすいので、着回しコーデにも最適なんです。特に、白のトップスは清楚感が溢れて可愛くなりますよ。
そこにベレー帽や麦わら帽子などを被って、髪を後ろで編み込んでみたり巻き髪をするなどの簡単なアレンジをするだけで、より一層お洒落に見えます。
靴はパンプスよりも歩きやすいスニーカーと合わせることで、カジュアルにも見えて大人っぽく見えますよ。
30代もお洒落を楽しみましょう。

脚が細く見えるファッション

私は長年、脚が太いのが悩みでした。そこで、こだわりのファッションはまず脚が細く見える服装にするということです。特にふくらはぎが太いので、そこが目立たないように気を付けています。私はスカートを穿くことは、最近はめったにないのですが、スカート丈の長さに気を付けています。ロングスカートの場合は中途半端にふくらはぎの途中の丈だと、かなり脚が太く見えてしまいます。なので、その丈のスカートよりも長いか、逆に膝の上下くらいの長さのものを選ぶようにしています。しかし、やはりスカート丈が短いものは抵抗があり、今はほとんど穿かなくなってしまいました。なので、今では圧倒的にパンツスタイルが多いです。普段から動くことが多いので、動きやすさという点ではやはりパンツの方が便利です。デニムを穿くこともありますが、夏は暑く感じるので、最近は薄手のもの以外はあまり穿かなくなりました。また、脚のラインにピッタリしすぎるのも避けるようにしています。脚のラインがキレイに見えるようなパンツを選ぶようにすることで、オシャレの自信が持てたように思います。トップズはシャツタイプが多いのですが、そればかりだとボーイッシュになりすぎるので、花柄のチュニックなども着るようにしています。

スタイルが良く見える服の選び方

スタイルが良く見える服の選び方を紹介していきます。まず着痩せして見えるカラーを選ぶことがポイントで、ネイビー、濃いグレー、ブラウン、カーキ―が引き締め効果が高い色ということが出来ます。またこれらの色は比較的着回しがしやすい色と言えるので、積極的にファッションに取り入れていくことをお勧めします。またトップスとボトムに同じ色、同系色のコーディネイトは着痩せ効果が期待できます。その理由は縦のラインが出来るからで、黒とグレー、青と紫などがお勧めです。ただ全く同じ色のコーデはかなり上級者向きと言えるので、ファッションセンスに自信がない人は同系色にしておくことをお勧めします。他にもスタイルを良く見せたいのなら服を購入する際にはネットショップではなく店舗に足を運び試着した上でジャストサイズのモノを選びましょう。小さいサイズだとピチピチで太って見えてしまいます。ですが大きすぎるサイズもだぽっとしていて太めなのを隠していると思われてしまうので注意が必要です。あと素材について言えば張がある素材は体型を上手く隠してくれます。反対に太ってみえるのはニットや薄手のカットソーで生地が伸びる素材は体のラインが出てしまうのでお勧めできません。

美脚パンツ、スキニーの魅力

足にコンプレックスがあり、少しでも美脚に見せたい!という方にオススメのパンツは、ズバリ、スキニーパンツです。そもそも、スキニーとは、「細い、痩せている」という意味を持つ言葉です。よって、スキニーパンツは、脚を細くキレイに見せたい人のために開発されたといっても過言ではないパンツでしょう。また、スキニーパンツは長さが絶妙なパンツで、足首を露出することで美しく見せてくれます。なので、スキニーコーデパンツに、長い靴下やタイツを履くのはもちろんNGです。サンダルや、運動靴を履くにしても、くるぶしまでの靴下を履くことで、足首をキレイに見せ、美脚を際立てましょう。スキニーパンツは脚を思いのほか圧迫するパンツであるため、履いているだけでふくらはぎや、太もも、お尻をキュッと引き締めてくれる効果もあります。常に緩みやすい部分を意識させてくれるだけでも、美脚効果があると言えるでしょう。スキニーパンツはピタッと肌に密着していればいるほど、魅力的に見えるところもポイントなので、サイズ選びにもこだわりましょう。ついつい楽な大きめのパンツを買ってしまいがちですが、美脚を目指すのであれば、ぴったりサイズか、もしくは少し細めの方がキレイに見えます。

今年の夏のレディースファション!

今年の夏のレディースファションと言えば、やはり黒スキニーです。街を歩いていても以前には白スキニーが流行ったりもしましたが、実は今年はこの黒スキニーがおすすめだと思います。白スキニーとはまた違い、黒スキニーはより女性のスリムさを引立ててくれます。また、上着がリネンシャツやサマーニットなどなら、より女の魅力を引き出してくれる必須アイテムだとも思います。そして、そんなコーディネートに合わせて靴は紺などの濃い色スニーカーなどを履けば、さらにオシャレさんになるのは間違いなしだと思います。爽やかな着こなしにどこか大人っぽさを感じるファションスタイルだと思います。襟のあるリネンシャツなどで少し大人っぽさを感じさせ、黒スキニーによりスタイルの良さを際立たせ、そしてそんな上下に合わせたスニーカーを履けば、誰もが振り向くオシャレさんになるのは必然的。そして最後にオシャレと言えばヘアースタイル。夏には勿論、爽やかなショートカット。ますますオシャレでイケてる女子になるのも当然。男からも女からも憧れられるファションです。

似合うぽっちゃり女性の服

女性にとって「服」はどういうものを選んだら良いのか悩みどころだと思います。
ぽっちゃり系の女性であれば楽であるゆったりサイズを着ると、よりぽっちゃり見えたり、ピッタリめを選ぶと体のラインが強調されたり、「サイズ」や「デザイン」また「色」「柄」を選び間違えると、「こんなはずではなかった…」となり、注意が必要です。やはりスリムな女性と同様に流行のもの、オシャレでかわいい服を選んで着こなしたいものです。しかし、ぽっちゃり系であれば、スリムな女性と同じように選んでは失敗しやすいかもしれません。ぽっちゃり系の女性の中で一番細い部分、例えば手首、足首、ウエスト、などアクセサリーをつけたり、ウエストマークしてみるなど少しアクセントをつけ、帽子や光って綺麗なアクセサリーなどで視線をそらすようにすることも効果がある気がします。また淡い膨張色も避け、ダークカラーで締まる感じも出すと良いと思います。またハッキリした綺麗な明るい色や大柄なものも似合うと思います。また、トップスが緩やかなラインだとダボっとしていないパンツスタイルにするなどメリハリをつけるとカッコよく素敵に見えます。近頃流行っているロングカーディガンは、腰回りなどが隠せ、トータルバランスが良くなり、ぽっちゃり女性にもとても似合うと思います。

35歳を境に変化する服選び

服の選び方が変わる境になる年齢は35歳だと実感しています。子供の頃は親の選んだ服を着ることが多く選択肢が狭いものの、10代後半や20代になると自分で着たい服を選べるようになるため、トレンドを追うようになり、好きな服を自由に着こなす楽しみができるものです。サイズさえ合えば何を着ても許されるのは若さゆえの特権で、30代前半までは最低限の節度を守れば通用する印象があります。ところが35歳を境に、服を選ぶ基準が自然に変わってくるのです。体型の変化ももちろんありますが、それ以上に生活スタイルの変化が服選びに大きく影響すると感じました。35歳以降50代前後までは、流行よりも動きやすさ重視で服を選ぶ傾向があります。多忙な生活で服まで気を使えない事情もありますが、オシャレな外出着を選ぶ場合も、ピッタリサイズの流行服よりサイズ感に余裕のある動きやすい服をさらっと着た方が、大人の余裕を感じられて着こなし上手に見えるのも理由の一つです。60代以降は生活も落ち着きオシャレを楽しみたくなる年頃ですが、若い頃のように流行を追うのではなく、元気で健康的に見える色合いの服を選びたくなります。くすみ肌を明るく見せるために、レフ板代わりになるパキッとした白いトップスを選んだり、年齢を重ねたからこそ似合う原色の服を選ぶようになり、若々しく見せるだけでなく服の色で心から元気に過ごせるのです。体型や肌色や生活リズムは年齢とともに変化するので、服選びの基準も変わるのが普通だと思います。でも、自分らしくいられる服を選ぶのは、年齢を重ねても変わらないことなので、服選びの楽しみだけは何歳になってもずっと忘れずにいたいものです。

ママになっても落ち着き感!

小さな子どもがいるママのコーディネートというのは、どうしても実用的なものになってしまいがちです。子どもを抱き上げたり、自転車に乗ったり、一緒に外で遊んだりしなければならないからです。動きやすくて、仮に汚れたとしても自宅の洗濯機でジャブジャブと洗えるようなものがベストですよね。ですが、ともすれば女であることを捨てた、生活感に満ちあふれたコーディネートになってしまいます。結婚、そしてその後に出産という、女性としての幸せ。さらには妻、そして母というステータスをせっかく手に入れたのですから、コーディネートにもひと手間加えることで、女性らしさを保ちたいものです。例えば、子どもがいるママの定番アイテムであるスニーカー。子どもと一緒にお散歩したり遊んだりするにも適していて、買い物の際に大きな荷物を抱えたとしても歩きやすく、かなり実用的でです。ですがこのスニーカーコーディネートですが、カジュアル過ぎてしまうと子どもっぽくなってしまうのがウイークポイントです。例えばボトムスにベージュのチノパンツを持ってきたとしたら、渋みのあるワインレッドのTシャツにグレーのスニーカーを合わせたりすると、落ち着き感が出ます。深めのカラーをチョイスし、落ち着いた配色を心がけることで、ほど良いきちんと感が出るものですよ。